椎間板ヘルニアと整体

ずっと犯人にされてきた、椎間板ヘルニア・・

腰痛になったことで病院を訪れ、レントゲンやMRI検査で「椎間板ヘルニアがあるね」と言われたことのある方は多いと思います。

それ以降、腰を大事に大事にかばいながら過ごす人も少なくありません。

でも、近年の研究によって明らかになっているのは、腰痛とは無縁の人でも椎間板ヘルニアをもっている人がたくさんいるということです。
ある研究では76%、椎間板変性を含めるとなんと85%の方が、健康にもかかわらず椎間板に問題があったのです。(Boos N. et al: Spine,1995)

腰痛と整体のところで書いたように、ほとんどの腰痛は血液循環不良が原因なのですが、かつて画像検査で椎間板ヘルニアが腰痛の原因だと言われた方の中には、本当はそうではないという方が大多数存在するということです。

なんと、腰痛に画像検査をすること自体、疑問視されてきています。
椎間板ヘルニアと並んで腰痛の原因とされてきた、変形性腰椎症、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症なども、腰痛と関係なく存在することが多く、もし関係していたとしても手術が第一選択とはならないケースも多いので、「放射線を浴びることになるし、コストもかかる画像検査、しなくてもいいのでは?」ということになってきているわけです。
(ただし、日本では保険制度の性質上、画像検査率は欧米諸国と比べ非常に高いです。)
画像検査の結果と因果関係があると証明できる腰痛は、全体の15%です。残り85%は、画像では診断のつかない腰痛だということです。

また、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が関わっているとしても、手術が有効だったケースは多いわけではないとわかっています。
発症後1,2年の経過が手術した人としなかった人であまり変わらないことから、それだったらやらない方がいいよね。ということになってきています。

なので、椎間板ヘルニアだと言われたら、いつか手術するのか・・と思ってしまう必要はほとんどありません。

(激烈な症状の場合、短期的には手術は有効だというデータがあります。また、マヒなどが起こっている場合も手術が検討されまるようです。)

参考文献
「腰痛ガイドブック」長谷川淳史
「腰痛のナゼとナゾ “治らない”を考える」菊池臣一

整体やってもいいの?

当院では腰椎を強い力で調整する手技は行いません。

強い症状でも下肢の筋肉のバランスを整えたり、循環が良くなるような施術をする事で楽になって行く方はとても多いです。

坐骨神経痛は、ヘルニアによって出ているものと、筋肉や循環の問題で出ているものがありますが、筋肉や循環が原因のものはわりと早い段階で改善し、椎間板ヘルニアが関わっていそうなものはそれよりも長くかかる傾向にあります。

≪予約制≫ご予約はお電話で

03−6314−4328
10:00〜20:00(受付)
日曜・祝日休み

地図・料金

ページ先頭へ